バイアグラとの違いに関して

バイアグラとの違いに関して

世の多くの男性諸氏が、マカとバイアグラを混同して捉えている傾向が否定出来ませんが、これらは全く異なる存在である事を正しく知っておきましょう。
確かに双方共勃起力の増強を目的に飲むという点では共通していますが、バイアグラは「勃起させるダイレクトな効果」を目的に用い、マカは「勃起出来る体質に改善する効果」を目的とするアイテムなのです。

バイアグラはあくまで男性器そのものに元気を直接的に与える、いわゆる特効薬的な効能が特徴であり、バイアグラの使用が全身の健康状態にプラスとなる効果を運ぶ事は基本ありません。
勃起力増強の一点集中効果を得られる秘密兵器、それがバイアグラだとご説明する事で、その特性をご理解いただけるかと思います。
対してマカの精力回復効果は、決してダイレクトに男性器に直接的に集中して届けられる訳ではありません。
オルニチンというアミノ酸の一種が体内で成長ホルモンの分泌力をサポートし、血管拡張作用を通じて血流を良好に改善し、結果として男性器の勃起力が増強するという「流れを踏んだ効果」が得られるのです。

ちなみに豆雑学としてご紹介しておくと、バイアグラは元来、狭心症の改善目的に開発された歴史を有しています。
臨床検査の結果は思わしい効果が確認出来ませんでしたが、僅かながら勃起力改善効果が確認された事で、今日こちらの効能が注目されるに至っています。
バイアグラは男性器の根元付近の血管を一時的に拡張させる事で、血液をより多く亀頭にまで到達させる事で勃起力をアップさせる働きを見せますが、あくまで局部的な血管拡張作用であり、マカの全身の健康状態を改善する効能とは異なっています。
バイアグラとマカ、どちらを実際に使用するかはあくまで個人の選択に委ねる事になりますが、自身の身体に採り入れて何らかの変化を期待するアイテムである以上、その成分や体内での働きを正しく知っておく事が大変重要で在り、勢いだけで用いる行為は危険です。