薬局で販売の商品なら大丈夫?

薬局で販売の商品なら大丈夫?

マカ製品の調達先に薬局を真っ先に連想される方も少なくありません。
薬剤師が常駐していて多種多様な薬品を取扱っている薬局は、リアルな市場に於いて無条件に信頼を寄せる事が出来る店舗である事に違いありません。
しかしマカ製品に関しては、ストレートに言い切れば「必ずしもその限りでは無い」という意見が根強いのも事実です。

基本的な事として、マカ関連の健康食品は医薬品ではありません。
医薬品とは異なり、副作用の懸念が極めて小さい事、エンドユーザーの判断で一時的に使用を中断しても弊害が生じない事など、その安全性が大きな魅力の1つです。
対して医薬品は使用上の注意を厳密に守り正しく摂取せねばならず、自己判断で服用を一時中断する事でも負の作用が生じるリスクを有する、その名の通り「薬」なのです。
大きなリスクを伴うからこそ、指定薬局で無ければ販売が認められていないのも当然なのです。

当然各薬局でも各種健康ドリンクを販売しています。
マカ製品が店頭に並んでいないドラッグストアを探す方が、もしかしたら困難かも知れません。
ですが大半の薬局に並ぶマカ製品は、薬局側が数々のマカ製品を冷静に比較分析検討した上で、最も優れていると判断した商品だとは言えません。
取引先卸元が扱っているマカ製品だから、抱き合わせ的に安い仕入値で入荷して並べているだけ、というケースが少なくないのが現実なのです。

仮に薬局の店頭でマカ製品を調達されるのであれば、必ずパッケージに明記されている含有成分の内容と比率を確認してください。
疑問点があればスタッフに確かめる事も大切ですし、他の候補のマカ製品の成分内容をメモして持参して、パッケージの記載と比較検討するのも有効です。
健康食品商品に関しては、必ずしも薬局だから無条件で確実とは言えないのが、今日の市場流通経路が生じさせている現実なのです。
とりわけマカ製品に関しては、やはり専門の通信販売サイトを比較検討の上で調達するのがベストでしょう。