十代からの摂取のリスク

十代からの摂取のリスク

マカの主成分であるオルニチンという有効成分は、私達の体内で製造される成長ホルモンの分泌をサポートし、この効能が身体全体の体調改善から若返り効果に繋がる事は、既に各所の関連情報で明記されている通りです。
そしてサプリメントの極めて高い安全性も周知されている事から、若い世代の中には「十代の頃からマカを摂取し続けておけば、老化とは無縁で齢を取る事が叶うのでは?}と考えられる方が居られたとしても、決して不思議ではありません。

冷え症で悩む母親の姿や、家族に隠れるようにマカの新聞広告を切り抜いている父親の姿を目にすれば、男女を問わずそんなふうに思い描いたとしても当然でしょう。
この考え方はマカの効能を既に正しく理解しているからこそ導き出せる訳で、こうした若い方々は「博学」と称するに値するのかも知れませんが、残念ですが無条件で褒めてあげる事は出来ません。
重要なポイントがお留守になっており、実は大変危険を伴う行為というのが実際のところなのです。

先に述べた通り、私達の体内の成長ホルモンは十代にその分泌のピークを迎えます。
思春期から十代後半、私達の身体は急成長を見せ、当然急激な変化を遂げる事は周知の通りですが、これも成長ホルモンの分泌が活発だからこそ、なのです。
そうした体調にマカの豊富なオルニチンを摂取すれば、使用上の注意を守った適正な使用だったとしても、明らかに体内では過剰摂取状態となってしまいます。
体内のホルモンバランスが崩れれば、それが原因でさまざまな副作用を誘発し兼ねません。

マカの効能の力を借りるタイミングは、私達が20代中後半を迎えた頃からというのが、適正な愛用開始のタイミングです。
時期を誤った使用は逆にマイナスのダメージを身体に与えてしまいます。
少しでも早くから老化に備えるという考え方自体は間違っていませんが、マカの有効成分の摂取開始時期を見誤ってはならず、十代の使用は控えなければなりません。